N-System 商品紹介

ラリーコンピューター NRC-05 / NRC-05G

N-System製国産ラリーコンピューター
昨年までのNRC-05に加えCAP(方角)表示可能なNRC-05Gをラインナップしました。

NRC-05、NRC-05Gともディスプレイバックライトは「ホワイト」「オレンジ」からお選びいただけます。

NRC本体には電源ケーブルが付属しています。

NRC-05/NRC-05Gの標準SW(スイッチ)はNRC薄型SW(4B)です。

ケーブルは目安としてハンドルマウントの場合は標準(0.4m)、フレームマウントの場合はロング(1m)です。
※ただし、車両やケーブル取り回し方法によって異なります。

3B(ボタン)は4Bからリセットスイッチを除いたものです。
※3Bでリセットする場合は上と下ボタンを同時長押しでリセットできます。

ICO対応SWは下の写真のコネクターとなります。

NRC-SWステー

ラリーコンピューター1個の場合はNRC-SWステー、ラリーコンピューター2個の場合はNRC-SWステーダブルを使用してください。
※スイッチ取り付け穴はタップが切ってあります。(取り付けビスはNRC薄型SW各種に付属しています)

ホールICセンサー/リードスイッチセンサー
NRC-05/NRC-05Gにはどちらも使用できますのでお好みでお選びください。

◇ホールICセンサー 
 センサーのサイズは「M8(ピッチ0.75)」と「M6(ピッチ0.5)」からお選びいただけます。

◇リードスイッチセンサー
 M8の1種類です。他社製品(rc-7、トレイルテック)やKTM、Husqvarna純正にも利用できます。

◇リードスイッチセンサーケーブル
 NRCに使用するのは2P-3Pです。2P-2Pは他社製品(rc-7、トレイルテック)に対応しています。
 ※KTM、Husqvarnaで使用される場合はコネクターの雄雌が逆ですのでご注文前に必ずお問い合わせください。

マップホルダー MH-09、MH-10

MH-10はアルミボディ仕様、MH-09は樹脂(カイダック)ボディ仕様です。

目安として標準ケーブルはハンドルマウント、ロングケーブルはフレームマウントです。
※ただし、車両やケーブル取り回し方法によって異なります。

駆動方式はともにギアベルトです。

※MH-09、MH-10には電源ケーブル、MH-SW(トグルスイッチ)が付属しています。

ハンドルクランプステー

シングルはナビステーサポートを利用して取り付けます。

M6タップ入りは12mmシャフトのタップの有無です。M6タップを切ることでスクリーンステー、ポリカスクリーン(後述)の取り付けが可能となります。

中継ケーブル メーター電源分岐

ラリーコンピューターとマップホルダーの車両側からの電源ケーブルをまとめることができます。

MHナビステー

MH-09、MH-10共通のナビステーです。

12mmシャフトホルダーとM5極低頭ボルト、ナイロンナットは別売りですのでセットでお求めください。

オフセットステーを使用することでマップホルダーを任意で上下させることができます。
※M5皿ネジセット(品番:30501)が別途必要となります。

ポリカスクリーン、スクリーンステーを使用する場合の12mmシャフトはM6タップ入りを使用してください。
※12mmシャフトM6タップ入り(品番:30805 )

R1200GS用磁石ステー、センサーステー
R1200GS(水冷)およびR1250GSの専用部品です。※ADV、Rallyeを含む




◇カタログに記載のない「MH手元スイッチ(品番:20001:5,500円)」などリペア部品もありますので個別にお問い合わせください。